RSS | ATOM | SEARCH
■G-Oクラフトの自主基準
■シザーケースのと理扱いについて…厚労省から指導がありました。

使用にあたって…
1.使用後は速やかに台皿へ鋏をいどうし
2.シザーとクシの消毒
3.シザーケースのポケットにたまった毛をはらう
4.次のお客様にそなえシザーケースに収納する

*これが使用の注意点です。

シザーケースの「床面」がばい菌の温床になるため…

その部分は「撥水加工」になっていること。

床面を加工しなきゃいけません
1.水性ニス
2.姿勢ウレタンニス
などで実験しました。
通常はOKですが「折り曲げたら」撥水加工がひび割れます。

そこでg-oは仕入れ先のジャパンレザーさんにお願いしました。
どうです?
10分経過でこの状態!!

エタノールを使用しても
「撥水」しました。

ジャパンレザーにおけるアンテナ加工第一弾では「革」の風合いを損ねることなく…
「撥水加工」に成功しました。

実際は「さらさら」で髪の毛が付きにくい加工になってます。

1DSあたり加工賃はましますが…良い感じです。
「シザーケース業界初・床面撥水加工」に着手しました。

あくまでも「自主基準」です。

たぶん他社は今後の販売は「シザーケース観賞用」としてご使用ください。と(自己責任)になる但し書きが付いてくるでしょう?

g-oクラフトも基本使用に関して自己責任ですが…
少しでも良いように加工を依頼しました。

これでだめなら「さらなる加工」も準備してます。
シザーポケットもホックで開くように…
この場合シザーケースの幅が広がるんで…現状では縫いつけてますが…
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
同業者が創るシザーケース「g-oクラフト」
                   あなたの相棒創ります。
完全受注生産  g-o@oita-hair.com お問い合わせはメールにて…
author:アンテナ, category:総合案内, 10:28
comments(0), trackbacks(0), pookmark
Comment









Trackback
url: http://blog-go-craft.oita-hair.com/trackback/1048373